ほんわかぱっぱオブ・ザ・デッド

明るいかんじでいこう

カロナールの僥倖

 昨日書けなかったので2日分をちょびっと

 

 

 

・退院した。

土曜日の予定を金曜日に前倒してやった。

あっさりと、お茶漬けズズーって感じで手続きを完結。

 


これで当面の入院はない。

ここ数年のゴタゴタが全てケリついた格好である。

 


ここ数年のことをぼーっと考える。

まぁ「大変」という感想しかなく、気を入れてまとめない限り、自分の中の「ベールに包まれたなにかとてつもない苦痛の時代」という体験であり続けると思う。

 

 

 

退院の朝、隣室の人が亡くなった。

なんとかたどり着いたという風体の家族が電話をかけ、誰かに「間に合わなくてゴメンね」と謝っていた。

 


車イスのおばあちゃんは泣いていた。

 


手術室に運ばれるのとは違う「搬送」といった感じのストレッチャーが、ビニール手袋をしたお医者さんに運ばれてきた。

 


現実感がその辺でグワングワンし始めた。

これは今のことだろうか、それとも自分の起こりえたこと? もしくは未来の自分だろうか。

 


ご遺体が運び出されるとき、こちらの部屋のドアがピシャリと閉められた。

 

病室を個室にすると、ふとしたときに脳内思考ループが始まって止められなくなるので、4人部屋の方が落ち着かないけど気は紛れます。

 

 

 

・サークルの人たちの飲み会に参加するための飛行機のチケットを買い、未来への布石を打った。

 

ほんの1年前は透析してたので、ベットの中で、「もうあの人たちには2度と会えないかもな」とうっすら泣いたりしたものが、たった数万払えば会いにいけるようになったのはなんたる僥倖であろうか。

 


僥倖って字、やりすぎですよね。

 

 


・痛み止めを処方された。

 


カロナールというやつ。

カロナールは良い。副作用がほとんどないので効き目は弱いが、まぁ軽い気持ちで飲める。

 


腎臓で代謝しないので、腎臓系の病気の人はまぁこれ一択なのかな。

 


カロナールで効かなければロキソプロフェンになる。

 


・目を閉じるときに白目になるんだが、これは昔から指摘されてたのにどうも直せない。

 


その理由はまぶたを閉じる認識の違いだと思う。

 

普通の人はシャッターみたいにストーンと落とすイメージでは?

 

私の場合はブラインドの要領で、一旦「引く」という動作をしなくてはいけない。

 


つまりまぶたを落とすのではなく、眼球の手前(脳側)を下に引くことで、紐を下ろす要領でまぶたを落としているのだ。

 


これは家にブラインドがある人間は結構かかってるクセなのかもしれない。

 

こういうとき図で説明できないのがもどかしい。

森口博子はパーフェクト

入院中です。

ベッドのシーツ交換のため談話室に移動することに。

 


30年くらいずっとついてるんじゃないかってくらいの備え付けテレビをみた。

 


これが当たりだった。

数多あるテレビの中でかなり好きな特定ジャンル、「宝くじの番号抽選」が始まった。

 


これです。

f:id:nobujo:20181018204917j:image


「宝くじ」という夢まぼろしに、嘘みたいな司会者と気だるそうな、しかし眼光鋭い観客。

(抽選見にわざわざくるってどういう感覚? とは思うけども)

この劇中テレビみたいな空気が好きで、放送していたら視線を注がずにはいられない。

 


そこに「森口博子」がゲストできていたのでさらにぶっ飛んだ。

 


いいのか、こんなに世界はパーフェクトで!! とおもった。

 


森口博子のビジュアル、立ち回りはテレビの中の人としてケチのつけようがない。

 


「勝負の時には赤をワンポイントで入れるんです」と、闘牛の血液で染めたみたいなドレスで言っていて、格が違うな、ため息が出た。

 


バラエティのレジェンドたる彼女は、

・「テレビの人」

・「歌手」

・「ガンダムの歌の人」

と異なるレイヤーで認知されている。

芸能人がテレビで生きるためにはこの複数レイヤーが必須で、またその一枚一枚が彼女のように分厚いクオリティであるからして、森口博子を誰も不快に思えない。

 


「結婚できない」を前面に出すこともできるが、それをするとやりにくくなることも当然承知しているはずだ。

 

「水の星で愛をこめて」を歌っていました。

完璧でした。


また折にふれて森口博子を考えていきたい。

 


アナウンサーのマイクの持ち方は低く、歌手は高いところを持つ、ということを発見した。

 

同じ声のプロでも、歌手は響きを、アナウンサーはトーンと進行のしやすさを重視するからではないかと思った。


俺がシャーロックだったら、いつかマイクに残った指紋のつき方で犯人を刑務所に送りたい。

 


推理で誰かを刑務所に送りたくないですか?

 


ところで、部屋がやばいほどグレードアップした。

f:id:nobujo:20181018204905j:image


ラッキーマンだからなのか一種の隔離なのか、答えは出ない。タダだそうです。

 


明日退院の予定です。3泊4日の入院で5千円とのこと。

 

どないなっとんねん。

モームとバチくそ杞憂

くらえ! 連日更新だ!!!

 

 

 

まず皆さんに謝らなければいけないことがあります。

 


昨日、面接にいき、落ちた。と、書きました。

 


が、今朝お電話があり、アルバイト採用となりました。パチパチ。

 


そんなことある?

人生のデバック甘すぎでは?

 

 

 

あるんです。

なぜそうなったかは詳しく書けないんですが、そうなりました。やったー。

 


この前、落ちた後には正直落ち込んで、「奇行プログラマとして名を馳せて、奇行カンパニーにでも拾われようかなーー!」などと思っていたんですが、バチくそ杞憂でした。

 

 

f:id:nobujo:20181017204504j:image

これを読んでます。

モームの中でも「月と6ペンス」を読まずにこちらを手に取るのは天邪鬼すぎではとの訝り、あなたは正しいお人や。

 


しかし各自インターネットの海を泳ぎ、あらすじを見てほしいんですが、まあ俺のこと?? みたいな話っぽいのでだいぶ前から読みたいなーと思ってたんですわ。

 


どうなることやら。さあご期待。

(読まない未来もあります)

 


手術終わりました。

簡単な手術なはずが、すこしだけ難航し心配がありました。

でも、もろもろ解消して終わりました。

 


局所麻酔って効いてるうちはこれVRじゃんってくらい他人事になるんですが、チクチクやビリビリ等のマジ感覚がくると、やべーオレ接続してたみたいになります。

 


キズは十字なのかまだ見てません。

多分ならずに済みました。

 


手術前のそこそこナーバスな時間に前述の採用連絡がきて、感情がおかしくなりそうだった。

 


今日は「清算と始動」とも呼べる日。

イベントが糸で繋がったように出ては消えていく。

 


口の達者な芸人が、プロレスは男たちの星座と言った。

 


僕らの過去も未来も、いつか下らない星座になって、大人になってからは訪れないプラネタリウムで、気持ち力の入った解説を誰かにされる。

 


星の輝きは5分後に全部わすれられるから美しい。

 


シガシカオの曲にこんな歌がありそう。

 

 

 

人の名前を覚えるコツをつかんだが、そのコツを忘れそう。

星新一ショートショートやないねんから。

 


100 × 100 = 10000なんで、

100万を100人から集めると1億なんです。

いろんな計算に役立ちますよ。

 


モバイルバッテリーをつなぎながらスマホ使うとバッテリーがすこしヘタった。

レッドブル飲みながら働くと、己が終わっていくのと似ている。

 

 

 

以上、現場から東海林がお送りしました。

スタジオにお返しします。

 

 

手首に十字キズ

いつも頭の中では固体化されない思考がフラフラとしているのに、いざブログに書こうとするとどこかへ行ってしまう。

だからこうして力技で書き始めている。

構成もない。技術もない。いうなれば怪電波丸出しの文章である。

 

今週は疲れた。

バイトの面接に行き、指示を聞き、議事録を取った。

ワンデイお試しで孤軍奮闘はたらいた。

そして落とされた。

 

無念つかまつった。

 

おい!忘れんからな!という気持ちを強めて俺はプログラミングの勉強を進める。

 

プログラミングの勉強はかなり自分に合っているらしく、数日触らないと忘れてしまうんじゃないかとソワソワしてくる。

 

グループで勉強したいんだが、公共の関係性は仲を取り持とうという性根が出てしまうのでダルい。

好きな人たちの仲を取り持つので俺の人生はオーダーストップ。

 

数日後、Web業界に入りたい人たちの勉強会みたいなところに行った。

俺みたいなノリぱりぱりの白帯もいれば、何頭も大熊をぶっ倒してきたようなおじさんもいて、なんだこりゃ、であった。

 

講演もあり、現役バリバリの人たちの話は面白かった。そして自分が歩まんとする道は限りなく王道という結論にいたった。

 

余は満足じゃ。

 

うって変わって、今は入院しています。

明日、軽い手術をやるとのこと。

場合によっては手首に十字傷ができるらしく、生き恥じゃん笑 となりました。

 

クロススカーリスト。

「ねぇおじいちゃん。なんで手首に十字傷があるのー?」

医療機関の横の連携が取れてないからじゃよ」

 


風邪をひくな。これは演習ではない。

10月最終週 アニメもドラマもいっぱい観たよ編

なんかゆっくりとレビューブログに変身しつつあるこのブログなんですけど、感想を書くよりも当然見るほうが多いわけで、まあざっくりと2作品くらいにしたほうがいいかなと思う次第ですな。

 

近田春夫氏の考えるヒットみたいに1本がーっと書いて最後にちょろっと一言ぐらいのほうがいいかもしれない。

 

  けど全部書きたい!なぜなら今週はハードに観たから。笑

  1. 鋼の錬金術師 フルメタアルケミスト1-64(完) [Netflix]

  2. フィアーザ・ウォーキング・デッドS3 1-9 [Amazon]

  3. ミスター・ロボット S3 1 [Amazon]

  4. ウォーキング・デッド S8 1 [hulu]

 我ながら気合入ってますなー。では感想いきましょう。

続きを読む