ほんわかぱっぱオブ・ザ・デッド

明るいかんじでいこう

ゴールデンウィークにしたことされたこと

・ベルギー人と軽い口論。ネトフリの話題で和解。

フォトショップを購入。↓みたいにときどき作ったものを載せたい。

f:id:nobujo:20180507163105j:plainG

5ヶ月ぶりの更新です。

 あっというまに春になりましたね。

春といえば、花よりリンダ。というわけで動画を視聴しましょう。

続きを読む

10月最終週 アニメもドラマもいっぱい観たよ編

なんかゆっくりとレビューブログに変身しつつあるこのブログなんですけど、感想を書くよりも当然見るほうが多いわけで、まあざっくりと2作品くらいにしたほうがいいかなと思う次第ですな。

 

近田春夫氏の考えるヒットみたいに1本がーっと書いて最後にちょろっと一言ぐらいのほうがいいかもしれない。

 

  けど全部書きたい!なぜなら今週はハードに観たから。笑

  1. 鋼の錬金術師 フルメタアルケミスト1-64(完) [Netflix]

  2. フィアーザ・ウォーキング・デッドS3 1-9 [Amazon]

  3. ミスター・ロボット S3 1 [Amazon]

  4. ウォーキング・デッド S8 1 [hulu]

 我ながら気合入ってますなー。では感想いきましょう。

続きを読む

【Netflix】『SUBURRA-暗黒街-』

Netflix amazonプライム huluを契約しているので、それはそれは毎月大変な量のドラマを見ているわけです。

 

主に海外ドラマ、映画、アニメぐらいの順番で見ていまして、記録と誰かの参考のために感想を書いていきます。

続きを読む

【ネタバレ】『アウトレイジ 最終章』と北野武の終末期

f:id:nobujo:20171010091801p:plain


映画『アウトレイジ 最終章』本予告【HD】

 

感想と考えたことです。

 

まず、上映後すぐは肩透かしだったなと思ったことを告白します。

前作を凌ぐ迫力の演技とアクション!!……かと思いきや、はっきりと妖怪に近づいた西田敏行はともかく、一気に弱っていた塩見三省とずっと喋りづらそうなたけし、一抹の悲しささえも感じさせる内容だっただけに体も腑抜けに。

 

lizune.hatenablog.com

 

この方の感想がある程度の総意だと思います。

他の感想を見ても同様の意見は多いです。たしかにビヨンドがエンタメすぎた……。

 

しかしですね、僕は上映後あることに思い至ったわけです。

この映画はたけしの「終末期」ではないかと。

 

社団法人 全日本病院協会の終末期医療に関するガイドライン(https://www.ajha.or.jp/topics/info/pdf/2009/090618.pdf)によれば、

「終末期」の定義

1.医師が客観的な情報を基に、治療により病気の回復が期待できないと判断すること 2.患者が意識や判断力を失った場合を除き、患者・家族・医師・看護師等の関係 者が納得すること

3.患者・家族・医師・看護師等の関係者が死を予測し対応を考えること

となる。

 

 大友と今の北野武ビートたけしを重ね合わせる観方は決してやり過ぎではありません。老いと死に対する北野監督の考えは結局最後は自分でケリをつける、そういう男の生きざまを観客に見せつけます。

 

済州島からの帰国の際にもう死を覚悟していたであろう大友。

 

それはまるでビートたけしの未来図を見ているかのようでした。死と老いは一般人もヤクザもお笑い芸人も変わりません。そして義理を重んじ、筋を通すその重みと悲しみもまた同じなのです。鉄砲がなければヤクザも会社もおんなじ、とインタビューで北野監督がおっしゃる通り、そうした人生の終わり方も特別なことは何もないんじゃないかなと、思った次第です。

 

最近よく見るMVについて

おっす。

最近よく見るMVを同じ人が作ってたのでそのことを書きます。

まず映像をば。


サカナクション / 多分、風。

サカナクションは一貫して実存と向き合っているバンドだと思うんですが、このMVでは人ごと剥けちゃってるのでびっくりしました。非常に抽象性が高くていろんな解釈が成り立つでしょうね。成長ストーリーなのかもしれないし、僕なんかある意味での生きづらさ、みたいな問いかけもあるように感じました。遊び心と文学性がいつまでたっても衰えないですね。

 

次です。


[MV] Perfume 「FLASH」

メジャーなものを紹介するの全く抵抗なくなってきました。

このMV好きなんですよ。いわば「フューチャー拳法」ですよね。

ライブのダンスよりもこっちが好き。サバサバしたカットで見ていて気持ちいですね。

 

どうでしょう。ちなみにどちらも田中裕介(田中裕介 (@TNKUSK) )さんが監督ですね。

アーティストだけでなく監督でたどっていくのもMV探検の醍醐味の1つ。

 

こちらからは以上です。

夏風邪やばいんで あれしてください。

Love is overについて

お久しぶりです。

この夏全然暑くないよねと親に言ったら「むちゃくちゃ暑いよ」とのことで、

なぜかちょっと笑いました。

 

常時つかっている4年物のMacbookが悲鳴をあげています。

内蔵バッテリーがふくらんでいるらしくカタカタいうとります。交換しようにも、わが街札幌にはApple Storeがなく、業者に頼めば2万ほど取られるので、一か八かおのれで修理しようと決めました。そんなに暑くないので。

 

本題に行きます。

Love is overという曲があります。


Love is over 歐陽菲菲

こういう曲です。いろんな人がカバーしてますね。

なかでも一番好きなラブイズオーバーは森進一バージョンです。


森進一 Love Is Over

しっかり「ラブイズ オーバー」と発音してるのがいいですね。

カッコつけた歌い方が寒々しく思えます。みなさんもぜひ森進一バージョンで歌ってみてください。自分をだましちゃいけないよ〜。