読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姿勢が悪いから情緒に敏感になる

記録を趣味にしていきます。自我をつくろう。

フリスクを噛んだあと、欠けた歯みたいになる

手紙は内容を考える前に手を動かせという。その方が本当に言いたいことを伝えられるのだそうだ。ブログも同じかもしれない。今現在なにも考えずに打ちこんでいる。ただ、まぁあの人とあの人は読んでくれているっぽいので意識して書こうか、といった感じだ。

 

全く変化なく日々がスローモーションのリピートのように感じられるこの頃である。体調は悪くない。毎週血液を検査するが医者にコラッと言われることもない。コラされるのは例えばカリウムの値、フルーツや生野菜などいわゆるさっきまで生きてたようなものを沢山摂るとグンと上がる。これが上がると心臓が止まる。心臓が止まる。

恐ろしい。リンの値も気をつけないといけない。リンは美味いものに多い。肉、うまい魚、乳製品、チーズはかなりデンジャー、意外なことに煮干しがフリーザー並にヤバい。しらす、あれもヤバい。イクラみたいな魚卵も中々のものでいわゆる精がつきます、みたいなものは控えめにしたほうがいい。リンは多く摂るとどうなるかって?骨が死ぬ。関節が終わる。

 

まだまだ節制が甘いところが多くて反省したりする。死に繋がるから反省もなにもないんだけど、自分の死や体が壊れていくことをイメージできずにいる。そして皆そうだろうと思う。誰もが自分は80〜90歳まで生きると思っている。平均寿命なんてものがあるから自分は平均を下回らないだろう、ましてや50,40で死ぬなんてありえないと思ってると思う。でも死ぬ。あっさりと死んでいくだろう。だからみんなはじじいばばあの自分を安心させるために今の自分、60歳までの自分を犠牲にしていいか考え直してもいいだろう。犠牲、と書くのはあれだけど、明らかにひどい不当な待遇で悩んでいる人がいる。お前がいなくて喜ぶ者にお前のオールをまかせるな、これは中島みゆきです。周りの人間を困らせたくない、親や友達、先輩後輩に心配かけたくないという気持ちはわかる。俺もその回路で考えてしまうことばっかりだ。でも、なんだよな。わかるでしょ。難しいよないろいろ。なんとかなってる、としてる今を壊してリスタートってのもな清水の舞台からってやつだしな。

 

俺は明日も正面から病人をやります。みなさんお仕事がんばってください。また寝つけなかったらブログ書きます。