ほんわかぱっぱオブ・ザ・デッド

明るいかんじでいこう

ジュンコちゃんの表面

令和、継承の儀で目を引いたのはコシノジュンコだった。

平成令和とまだまだ俺の心はザワザワしている。

 

継続は力なり、ともてはやされるが、頓狂に書き始めることもあっていい。

前回の記事でフワちゃんを勧めておいてよかった。いま彼女ははっきりと時代のポップアイコンになりつつあるし、「渡辺直美」のように海外で甚大な人気を獲得して、スッキリで「アメリカで大人気!」なんてなことで紹介されることになるだろう。

 

明るい人は魅力だ。

最近は裏側とか暴露とかくだらない奥行きを個人に求めがちになっていて、根が明るいというだけで安心する。人間て表面だけでよくない?